FC2ブログ










唯ちゃん3世 傭兵隊長の唯ちゃん18

8126 名前:こたつ ◆NcOSWbv4bM [] 投稿日:2018/01/28(日) 15:42:51.32 ID:7dqxRyZ/
ハラボフ 魔狩人 侵入チェック

高いと察知
アミル 【1D100:96】-20





8128 名前:こたつ ◆NcOSWbv4bM [] 投稿日:2018/01/28(日) 15:47:56.31 ID:7dqxRyZ/
                 //::::/ ,  .i l::::::|.    | ii     |l, : : /|l
 州ヌ7ァァ z ...,,,,,______  //::::/ /ii| i l::::::|.    | ii     |l,/ : : |l
 州州州州州州州州ヌ7ァァ z ./,,/___i l:/    | ii     |l, : : : : |l
 ¬亠=ニエ三州州州州州州州州州ヌ7ァ、.  | ii     |l, : : ;/.!
 : .: .: .: .: .: .: .: . ̄ ` ¬亠=ニエ三州i州i州iiヘ. | ii     |l, /  |l
 : .: .: .: .             /干ヽ: .: .  ̄ ` ¬亠Yi| ii     |l,    |l
 : .: .: .          {十+十}   : . .: .: .: .: . :| ii     |l,    |l
         __   ヽ土ン.           | ii     |l,    , ィ<
    _.。ャぁて丕三i三i刀フ7ゎ。._            | ii     |l, ィ< > '´
 ,.ィ炙ヲ㌍≠┴┴┴ <弍i込iスi>、         | ii   , ィ< > '´
 _iiムィ'´   i  |    `ii゙'<弖iミi心、      | ii< > '´
 彡':!i|      |  ! i  || || : :|::i\Vホii心、.   | ii,- '´
 :::::::| |      |  ! i  || ||: : |ィ!:! :\ホ入心   | ii
 :::::::| |      | |!.!イ.!   ||/: : : :.i : : :.∨i川バ . | ii      /, ⌒ヽ.
 :::::::| |      |  ! i  ~: : : : : : i:: : : : ∨川iバ | ii  __.  //::::/⌒',ハ
 :::::::| |      |/    : : : : : : :i :/ハ: : }ZXハバ| ii l|:::\//.:.:/i:i:i:i:i:| |
 二二l.    | |!   : : : : : : : :i i::::::}: : !:! !:! !:!:i| ii l|::::::::} | :::|i:i:i:i:i:i:| |
 :::::::| |ニニi==i| |!   ,-- 、: :|!| :{三三}!: . . .:.:.:.:.::| ii l|:\ | | :|i:i:i:i:i:i:| |: :
 :::::::| |: : : : : : | |! |! |! : :i: :|!| : !:|: !チi : . :.:.:.:.:.:::| ii l|::::::::|ニ . |i:i:i:i:i:i:| |: :
 :::::::| |,.;;:i。;:;;| |! |! |! : :|: :|!| : !: :.i |i|: : : : : : : :| ii l|::::::::| | :|i:i:i:i:i:i:| |: :
 :::::::| |YYYYY{, |!_.  |! : :|: :'´ : i: : i |i|: : : : : : : :| ii l|::::::::| | :|i:i:i:i:i:i:| |: :
 :::::::| | ; ...........<i|::: : :|!:::-:.!..:.:.._: i: : i |i| : : : : : : :.| ii l|---|ニ . |i:i:i:i:i:i:| |: : :
 :::::::| | ;................`...<::::::::::|::::::::: :i:::::i |i|::-....._: : :.:| ii l|::::::::| | :|i:i:i:i:i:i:| |: :
 __|_|_ ;         ` <ー :::i::_ i |i|::::::::::::::::: :| ii l|::::::::| | :|i:i:i:i:i:i:| |: : :
 :::::::i/i ;......................................`...<_ ` - _::::::::rュ::| ii l|::::::::| | :|i:i:i:i:i:i:| |: : :
 :::::::i  |  ;              ` <  ` .  -!..i l|::::::::|ニ . |i:i:i:i:i:i:| |: : :
 :::::::i  |  ;                ` <   `l|:::/...l_rニニ'<i| |: :
 :::::::i  |.  ;......................................................................`....<.......  、  > 、:::::、 <
 :::::::i  |.   ;                       ` < `   、 >
 :::::::i  |    ;                          ` <
 :::::::i  |   ;                              ` <
 :::::::i  |.    ;.....................................................................................................................
 :::::::i  |    ;

 
    ; ; : : ' : : : :/ ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;_; ;x</; ; ; ;
    : : : : : : /_;_;三二ニ=-‐=ニ二三_; : : : : {: : : : :
    : : : : /{} {} {} {} {} {} {} {} {} {} {} {} \ : : {: : : : :
   : : :/{}-‐==ミ《}i 《}i 《}i 《}i ===‐-{}\{: : : : :
   /i} __,z==ミ、      ,.≠=ミx__ {i\ : :
  /:':'彡`Y 爪__ハヾ ヽ   〃爪__ハ Y  彡':'ヽ
  「|「|ハ ´ゝ弋:::ツ    }    弋:::ツ ノ` ハ「|「|::    ……
.  从ノ{ う, ´´ ̄     .:        ̄``  ,う 从ノ::
  :::::八 ∧         ::{           / /::::::::::
  ::::::::::.ヽ._,       ヽ         _ ィ::::::::::::::
  :::::::(※)圦                  .仆(※):::::::
  :::::::::::_{0}_ \     こ。      / _{0}_::::::::::::
  :::::::⌒YY⌒:::丶、         . イ:::⌒YY⌒::::::::
  :::::::::::::}{}{::::::::}「「「≫ . __ . ≪「「「{::::::::}{}{:::::::::::::
  ::::(⊆^ ^⊇)i川  : : : : : : :   i川(⊆^ ^⊇)::::

 アミルさんが、町中で見知った顔の魔狩人たちを見かけたと報告してきた。

すぐ逮捕だ!
泳がせる!
会いに行く!

その他




8129 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2018/01/28(日) 15:49:14.06 ID:m1ZYHVAO
とりあえず会いに行こうか、人狼を倒すのは構わないが民に手出したらぶっ殺すぞ宣言しなきゃ

8130 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2018/01/28(日) 15:50:21.05 ID:12Q8jYXu
会いに行く

8132 名前:こたつ ◆NcOSWbv4bM [] 投稿日:2018/01/28(日) 15:52:18.02 ID:7dqxRyZ/
アミルさんに話を聞くことも出来る。



とりま、先に砦攻め。

動員兵力

唯ちゃん
2+【1D4:1】

ムギちゃん
1+【1D3:1】

アイナ
3+【1D3:3】

ハラボフ傭兵
50

武装農民
30


8134 名前:こたつ ◆NcOSWbv4bM [] 投稿日:2018/01/28(日) 15:53:03.62 ID:7dqxRyZ/
あ、予定が狂った。いかん


8135 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2018/01/28(日) 15:53:06.29 ID:m1ZYHVAO
アイナやたら多い

8136 名前:こたつ ◆NcOSWbv4bM [] 投稿日:2018/01/28(日) 15:53:59.99 ID:7dqxRyZ/
人数少ないから、アミルさんが矢を使って当たりだった場合、どう転ぶか分からん。


8137 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2018/01/28(日) 15:56:44.45 ID:12Q8jYXu
唯ちゃん、なんで見極めの機会なのに動員を渋るんだよ
動員できないなら、延期すればいいのに


8139 名前:こたつ ◆NcOSWbv4bM [] 投稿日:2018/01/28(日) 15:58:38.12 ID:7dqxRyZ/
                  ノ!
               r=||=ァ、
              /::: :: ||::::::::ヽ
              ムr=≠=マ}}
              マ{、___.ィ}ァ
              ヽニ || ニソ         30人しか集まらんでした。
               }i i>―<i i{
              /7 ̄ ̄ ̄ハ
         , ィ ノ7//:::}}=={{::: \  /\
       /::::::ミメ:::::>//><ヾ 、ノ彡ヽ::/\
      /::/:::::::::::::}}}≧]::::::::]   [:::::::{{{:::::::::{{::::::::ヽ
     ./::/::::::::::::彡イ /:::::iiii.]  [:iii:::::ミ::::::::::ヾ:::::::::}ト
     /::/ミ=イ::::::/::::::::iii:]]  .[[iii:::::::\::::::ミ=彡ハ
   └┴7>、:::/{{:::::::::イiiiソ  ヾiii::::::::::}}\::::<┴┘
      /  // ハ:::::://へ{   }ヘヾ,、:::ハ ヽー=<
     {  /7  /  ̄}   ヽ /    ̄{  ヽ \  }
     | .//  /  .:|    } {  .    |   V/   |


                            ___ __
                       ,  ' ´ : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
                     / : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
                     / : : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : 、 : : : : ヽ
                   , ' : : : : : : : : l : :,': : :i: :i : : : : : : : : : ヽ: : : : : ヽ
                 / : : :/ : : : : :, i: :/: : : |: :|: : : : : : : : : : : ヽ : : : : : ,
                ,' : : /\ : :/ !: ' : : : :! :ハ : : : : : : : : : : : ', : : : : : i
                 ' : : i: : : `/ _ノ| |: : : : :l/、 .', : : : : : : : : : : l: : : : : ::|
                | : : :| : : :/ '´  リi: : : : :! `'‐'、 : : : : : : : : :| : : : : : |
                | i: : |\/     '; : : : |    ヽ, : : : : : : : |: : : : : :ト,
                | |: : | :/  .x==x、 ヽ, : :!  x==x丶 : : : | : !: : : : : : :!
                | |: : :V', { んi::ハ    ヽ|  , ‐ヽ ヾ', : : : :!: :|: : : : : : :|         ……30人って
                |: !: : : ::|  i:::f:j:リ      !:f:j::l } | : : /: : :!、:: : : : ::|
                 ': | : : : :',  ` - ´      弋_::ノ   |: :/ : : :| l: : : : : :!
               |: :| : : : : |     ,          .|´ : i: : |´: : : : : :l
               |: :l: : : : ::|               .,' : :/ : :| : : : : :i: ,
               |: !| : : : : i     r‐- ‐ 、        ! : ,' : : :i : : : : :l: ,
               |:,':| : : : : |ヽ、   ヽ-- __ )    _ .| :/ : : : l : : : :/|/
               !' !: i : : :|:/: `> 、     , - ´/.|/: : : :i: ! :/: ,' !
   (, ̄ `ヽ,          |: l: : : |-.´/  |` ‐ .´  /  /: : : :/|:/`|: /_
  __ -=i  ヽ           ,-リヽ : :|  i   .|  \_ ./   /: : / |.!  レ'  ` 、
 _f .|  | __ .,ヽ       .i   ヽ,|  |   .|  /V'、   ./, '´   |         ヽ
 | ヽ,.'、_(__  .ヽ',--,    .|      ヽ、  | /}∧Mヽ   /     !         ',
 '-´i`'  .i、   ! .|    |        / V//'i | r,丶'V  _ /          i
   ヽ_     /  l_    ノ   ',    〈   i .i .l | | i l/  \            |
   | i ¨i`‐-/   `ヽ, i     ,    ヽ .ヽ.U || U l    .〉           i
 
             ここ最近、動員続きだったので、集まりが悪い!
 唯ちゃん勢 30 +ムギちゃん勢 20  50 確実に味方

 アイナ    60              

 不確定    傭兵 50
 やや友好 武装農民 30



8142 名前:こたつ ◆NcOSWbv4bM [] 投稿日:2018/01/28(日) 16:04:09.40 ID:7dqxRyZ/
             ___          r 、
         ,   ´     `     |ノ
       /            \   ∠ )
       ′  /   イ  l   l   ヽ
.     /   / \/ |ハi |    l   ヽ トー─ 、
     /   / \/ー‐イ | lヽ   |   | | _
.    /   l  l/     |ノ  ヽ |   | |´     }
       r |  | x≠ミ     }ハ l / |      ′
    i l l ゝ|  | ::::::::    =ミ | l/  |    /
    | l l  |  | u    ' ::::::: /j/  |     /     遠征を延期しようかな。なんて
    | | l  |  |、  ( `ヽ   /l l/  l |   /
    レ八l  |  |rト    .. < |/  八_|  ,
      \|\|{ \_二ア ヽ\/_/   /
     - '"´ |   V /}{\ } |    イ
   {     |___Y  ||  V _|   /
   |   、    | ゝー介ーく |   l/
   |   \  l  ヽ / l   /    |
   |       |   \  l /   |
   |      ノ    \ /     |


 ノ_,、_ノノ,,孑 / ノ
彡从毛乂乍リソミヾ壬ミ
从彳川少匕从彳ミ川少<
毛仆卅从ミ从毛仆卅从彡
W从匕ミ弋幵W从匕弋乂
从乂lヽlミ\卅从乂lヽl\Wミ
从W毛彡厂''V'\ '    .∨
W从匕乂         ',
从卞弋V'      ',    , -',       各地の村から、郷士たちが手勢を率いて参集したぜ。
災什人.        ', ii/少ミ}
升入    `゙ー-=_ノ_,t壬昨ノ       唯ちゃんの力になる為、畑を放り出してきました。
ミミ______ _, -壬少ノ rx゙".rxl
W    .`弋匕ミ少' { .', { .∨
/'     ` ̄´  _.', .',.', ',
∧        rx  .`', .',.', ',
. ∧.      r゙x X--‐'', .',l  ',
  `ー- ,_.   \\ \/', .',  lヽ
      `ー- .._ヽ ヽ `ー'   l ハ
          Y´ ヽ ヽ     l \


              __
           ´        `  、
        /       ヽ     \
        ′  / |    l     ヽ ヽ
      / l  /   | l |   |     l lハ
        l  ′  /   |、  l l 、   ! | |
     i  l  l ィ≠ミ. l ヽ |ハ\ |/
     |  |  | /, 二∨  }ノ ⊥_ ヽ |/l  l
     |  |  l 〃ixイ}     {_ノハ jノ l  |
     |  |  l { ヒZリ     ヒZリ } !    |
     |  |  l l `¨´   ,  `¨´ i  l  |            出征に合わせて、傭兵を百人雇いました。
     |  |  八  ""     "" /|  |  |
      ′    {\   ` ´   /l |  |  |      輜重隊の人夫もかき集めたので、最大2か月は戦えますが、
    /  八   ∨ ト   __ ィ'´  |  |  |     できれば、3週間以内に落としてもらえると予算的に助かります。
.   /  /  ヽ  ∨\   ハ、 |  l  |
   /  / _ )  ∨ >ァtく | ヽ/  〃 |
  ノ   '"  (    ∨ /仆ヾ l  /  /(ー‐ト、
   i      \{   ∨ | |  }}/  /  )  |
   |       ヽ   V| |ーく/  /  (     |
   |    \   ハ  l | | /  /         |
   ヽ     Y   }  ノノ八{  {   /   /
    }     l   ノ/\ヾ∧  ゝ /   /

                 __
             .. .:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: .
           ..: :: :: :: :: :: : |:: :: :: |:: :: :: :: :.
          /:: :: : i:: :: :: ::/!:: :: :: |:: :: :: :: :: ::.
.         /:: :: :: :|:: :: :: /|: i:: ::|、 :: :: :: :: :: :.
        .:: :: :: : : |:: ヽ/  |:: :| :: | ;: :: :: :: :: :::.
        .:: :::|::: :: ::|ヽ:/ u ';::|:::|  ';: :: :: : :| :::.
          |: / |:: ::: ::|::/ ` ─ ,:::| :: ! ノ '; : :: :: | :: |
          |/ : |::: :: ::レ x=z  V';::::|x=z';: :: : |:|:::|
       /:: :::|:: :: :::| { ん::ハ   ヽ| んヽ ヽ:: :レ:: |
       /:: :: {|:: :: :::| 弋_::ノ u  弋_:ノ  レ'::|:::|
      ,.: :: :: '|:: :: :::|        ,     u |:: : |:::|
      | : :: :: |::: :: ::| u             .:: ::::|:::|         ……
      |:: |,:: : , :: :: :|::.      r-   u /:: : : |:::|
      ヾ,| ,:: ::', :: : |:: ` 、    ´   ./|:: :: ::,':/
         \::';: :: | :: :: ::}  ‐- イ:: ::/!:: :::/′
          \_:∧:: ,ィ ` ‐- -‐.ト、' !:: /_
       ,   ̄ ̄  ̄|二|   / iヽ |ニ',ニレ′三 ヽ
       ./ニニ三三三|三',  / }ijヽ.',.|ニ',三三三三:i
       三三三三三!三 V .//l i V'|三 i三三三三|
       |三三三三三ヽ三 V ! ! l V三:/三三二ニ:!
       |三 |三三三三 }三 ',__ハ__/三 }三三三i三|
       |三 |三三三ニ〈三三 , | | |/三/三三三 |三!
       |三 ',三三三三\三ニ,LL!三/三三三ニ:|三|
       |三 :|三三三三三\三V三/三三三三 |三|



8143 名前:こたつ ◆NcOSWbv4bM [] 投稿日:2018/01/28(日) 16:06:08.68 ID:7dqxRyZ/
           ,  ' ¨ ̄ ̄`¨ ‐ 、
           /: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
          /: : : : : : : : : : : : :/: : : : : : \
       /: : : : : : :/: : : : /: /: : : : : : : :|: : ハ
      /: : : /: /: : : : /: /: : : :/ : : : :|: : : :',
       /: : :./: : /:/: : :.,': /==:./|:/: : /!: : : :.|
.     /: : :./: /^V: : : :i:./: :.<  !: : :/ i: : : :.ハ
.   /: : :./: ::{ /: : : : !ムィ'   `T´ / !: : :./: | ;
   /: /: : :i: : : V: : /: : |  ミ 、  |: / ヽi: : /: :.i ;    ……と、砦攻めを行います。
   |:/|: : 八: : : {: : i: : : ! ..:::: ヾ  レ __ |: :/: : ,' ;
    V >' ´ ̄\!: : :.|  //   ミュ ,ムィ: : /! ;
    /:::::::::::::::::::::::ハ: :/ //   ' :::と): : :!: / i
   /::::::::::::::::::::::::::::::::|./とノ <}   人:.!: :|/ /
.  /::::::::::::::::!::::::::::::::::::!! V>――:彳: : :!: :! /
 /:::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::|と.⌒ヽ:\:/ |: :./|: ,'
 |::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::|::::::::\.)::::ヽ ムイ |/

             _.. -―‐`=ー`ーヽ-、__
          _.. -‐`=ー-       ` `ト、
          >-‐''               Vl
          / .                   L_
       _ノ‐'´.:   .           :.      <
   ‐、_-‐''´   /  /     i     i   i.  :  .  ヽ
      フ  /  /  /  イ∥ i  |ト、  l   l  i   |
     ノイ  /  /  ./.∠.l | | l  ||__ヽ. ト、 | .| ヽ.|
      | / ./|  /レ┯q| |/|  l┯q、`「ヽ. | |   l       ……?
    .   |/| イ | /l |-┴'  ′| /.┴- ゝ | ヽトvヘ. }
        |/||/::::|      レ′     |  /〉 / 、|
          >:::::::::l.   ヽ         ノイ/_/:: (
        ‐'フ:::::::::::\   ‐:::-       .イ:::::::::::::::.ヽヽ
         /::::::::::::::::::::`: 、     . イ :|::::::::::::::. ト、l
        j;:イ::;:ヘ;:ィ;;;;;;;;;;;|`' -‐ '"____|;;;;;;;;;;;yヘト|
  .      ´ レ´__j ̄ ̄ ̄{{ ̄ ̄フ        :|
    /  ̄ ̄フj';´ 、l,:::::::::::::::||  /      _,.-┴ッククへ. -―--、
   / :::::::::::://::ヽ `'ー- ;;;;;||___;,,.. -―'''" _,. -:;ム//_/    :. ヽ
  〈 ..:::::::::::::iL━ `  、.,__《___,,.. -―''" ∠:::.. ノ:/::.       :.  li


     そういうことになった。




8146 名前:こたつ ◆NcOSWbv4bM [] 投稿日:2018/01/28(日) 16:13:31.29 ID:7dqxRyZ/


            ィ升㍉、
.           ィ升丗丗||心ュ。
≧s。_        `冊冊冊串叮
>x'//フ7ァ‐- ...,,_ 丗丗丗爻ミxミミxュ、 ィzzzzzzzzzzzzュ、                     __  .ィzzzzzzzzzzzュ、
<>x'//////////フ7ァ‐ュ圦爻爻爻爻ミ¨||¨||¨||¨||¨||:|ヨム     lニl  x爻x、xミュ、   lニlイ臣iiム 升|¨||¨||¨||¨||¨||
|l|l|l<>x'//////////////へミ爻爻::i==i===l===l===|ュ|___ x[ニ| |zzzzzzzzzzzzz| |ニ]ヨヨ 。si||==l===l===l===!x、 x x爻
 ̄| ̄ ̄|`¨二ニ=- ュ。_//////へ㍍x|┳━┳━┳━|旦ii7爻ミ| | | | | | | | | | | | | | |zzzzハ旦||━┳━┳━┳|爻爻爻爻
vv|vvvv|ivvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv||vvv||vvv||vvi||m||iii〒¨| |_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_| |¨〒iii||m||ivv||vvv||vvv||vvvvvvvvv
l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:||||||||||| |___| |_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_| |__ | |||||||||||:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|
l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:||||||||||| | __| | | | | | | | | | | | | | |__ | |||||||||||:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|
l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:||||||||||| | __| | | | | | | | | | | | | | |__ | |||||||||||:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|
l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|jI斗t≦¨¨¨¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨¨¨¨≧TfisIj|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|
 T  |  ̄l,_,,/\ ,,/l ̄ |  ̄:l^i、 /ヽ_l_jI斗t≦                      マム/ヽ二,l ̄ |  T  |  ̄l,
 ,.-r_'"l\,,j  /_|/_L,,,/ ゙i,,,_l_ヽ|_。s≦´                                マム /_,j ,,/l`r-./r '"l\,,j/
 ̄  -   ̄   二 -  ̄  。s≦´                                    マム心-‐  ̄ 二  ̄ 二 ̄
三-   ̄  -  -  冂。s≦´                                        冂≧s。-  -‐-   ─ -
-   ̄   - -zzz冂≦´                                              / ̄l\- - ─    ̄
 ̄ - /l ̄\/ヽ ̄\                                                  冂/¨ヽュ二 - ‐-
二ニ=-‐' ̄  ̄ -‐  ̄                                                    ̄ /\/ ̄lヽ- -
                                                                ̄ ¨`≧s。


ゴブリンの砦

             /|
                l.::l
            _」.:L,. -‐‐‐-...、
         , .:´:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、
       , .:'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
      /.:.:. /.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:\.:.:.:.:.:.:.\
    ,. イ.:.:.:.:.:/.:.:.: |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:\.:.:.:.:.:.:.ヽ.
     /.:.:.:.:.:∧.:.:./|.:.:.:.:.:.:.:ト、.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.ヽ.:.:.: . . l
   /.:.:.:.:. ∧/.:/ ,|.:.:.:.:.:.:.:ト、\::.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.: l
    |.:/l.:.:.:l.:.::.Vノノ.:.ト、.:.:.:.| \\.:.:.:|.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.|
    | l/.: . l.:.:/   V  \:|    \|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::{
    |/.:.:.:.:.:Vi   、__      、__  /.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.: ,
   /.:.:.:.:.:.:.:ハ ((_))    ((_))l.:.:.:.:.:.:.:l )..:.:.:.i       ……
   i.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.}           l.:./.:.:.:.:l/.:.:.:.:.l
   l.:.ハ.:.:.:l.:.:.:.⊂つ      ⊂つ.:/.::.:.:.∧.:.:./V
   l/ \:l.:.:.:.ト、    r-っ  ,. ィ/:.:.:.:./: :V
      ∧.:.:.|: :/: :> ==<  /:l: :/V: : : :.\
     /.: : \|/: : : :l  `Ⅹ´ /: :l/:l: : : : : : : :l
     i: : : :';: :\: : :レ' 芥ヽV. : : :_」: : :/: : : : |
      |: : : : ヽ: : ,ゝ〈〈 ハ 〉〉: 「: : : :/: : : : : :|
      |: : : : : :〉: \: \ヽ__//: :/: : : /: /: : : : :|

ゴブリンの砦に攻めかかる総大将の唯ちゃんだが、その式は著しく精彩を欠いた。

8147 名前:こたつ ◆NcOSWbv4bM [] 投稿日:2018/01/28(日) 16:14:48.98 ID:7dqxRyZ/
唯ちゃんの弓

20+【1D80:43】


ゴブリンの弓

30+【1D70:29】


威力は、ハラボフ軍。

地の利はゴブリン軍


8149 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2018/01/28(日) 16:16:36.89 ID:12Q8jYXu
互角だね
こうなると弓兵の数と矢玉の多さ次第になる

8150 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2018/01/28(日) 16:18:06.39 ID:yZgf9bZm
ギリギリだな

8151 名前:こたつ ◆NcOSWbv4bM [] 投稿日:2018/01/28(日) 16:21:15.56 ID:7dqxRyZ/
 //    ' ├‐===≡ニニ二三::≫≪【\
 '     /  |:≫≪:::≫≪:::≫≪:::≫≪「\ヽ
     /   ;|:≫≪:::≫≪:::≫-=ニ二三ト、 \
     i'   /:|二二二二ニ=-‐=ニ≠=-イ \ )      /
     i  /.:ノ三三二ニ≡=‐-ミ"   /}__彡'       /
      /.:::彡    _ .斗ぅテミ`  ィテ厂       /
    /,/.:::::彡    `'く 弋:ツ   弋'.' ̄ ̄`丶、/
   〃.:::::::/⌒ヽ      ´´ ̄       \ \__,/}、_、_、
  彡.::::::::人 ( く_                イ  _, Yヽヽヽヽヽヽヽ__
  `ヽ::::::彡 `ヽ. __,              _, /て _j/////////// ̄ ̄
  ⊇)≦三≫《二二二ヽ       ´  , '>‐--'\「´´ ̄´´ ̄
 ⊇)三三x≪》;';';';';';';∧ ヽ      / と二二フ´ \
_⊇)三三≫≦三三三三ヽ. ≧=‐--'′        \
 ___彡'^'^'^'^'^'^ヽ三><二二二ヽ __      ≠=ァ'"
 ::::::〃.::::::::::::::::::::::::::.ヽヽヽヽY´ ̄. :/ . : :´ ̄ ̄/. : :/ . :
 :::〃.::::::::::::::::::::::::::::::::::}i } } } }: : :/ . : : :    /. : :/ . : : :

一撃必殺 アミルさん

49 長弓 遮蔽 -10 遠距離 -5 小柄 -10

命中 24

少し本気 弓技能 2

命中 34

ただし、当たったら、腕でも、頭でも絶命させる威力がある。

【10D100:446(88+14+71+60+17+62+46+79+4+5)】

8152 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2018/01/28(日) 16:22:34.78 ID:yZgf9bZm
さすが本職は頼りになるな

8153 名前:こたつ ◆NcOSWbv4bM [] 投稿日:2018/01/28(日) 16:23:40.64 ID:7dqxRyZ/
4匹倒してくれた。

1+【1D3:1】が弓兵

                     , <`ヽ.,_
                    ∠-┬「/==心、
                  ∠心1イV{==ミ }i
                    ノノノ {(` 恣ミ r八
                   ´´{ ∨゚。 __ ノ ゚。
                          `ー{{{リ}ー rf--‐''゛
                   γ7ア8cc㏄゚∥フ7ヽ     ……固く守ってる。
                    ∥/8℃υ彳{{ {  } }゚,_
               /(     ,ィ{Y( 8ニフ。゚ノ }从,:゙ /`}匚匸てこぅo。
.              {::::}/ih、,.::::::/}弌ミ ∞ 彡く 八/  {i       そっ
               Y/{{ii }}::;ィi{V___ヽ } Г.,,_ `‐∧':, 心、      ()(()
.              ノ{/{从}}::从リムへー┴∟{{_`〔  ゚:, ` ゚。\ぅo。.,_
           ノ::{「::/刈`苅川}}h、}、Т 「Г¬i、 {   ゚。 丶、 ミh、
.           弌::::{レ,:゙.:;zァ7}リ::リ}}必 \ └ ┴}、゚。   ',  \} }j h
            }:::}}《:;:゙^",:゙イ:::;:゙,リ}}{iiト 、\ 寸ヽ心 ',  、_  丶リ} }}
           }:/.:}}{::::://ノ,;//,゙}从i{:::. ゚。 ヤ }i i /}`':,  _,,ノ   刈リ
           ノ⌒ヽ{:://,;;;;///.:{{:Vi{::: :::::,}jh}} | }\`「  \
          7:: .::.ヽj{ {;;;;;:゙//,:::::∨人 ::::::}jリ \| } } 心ヽト、ー .,,_
           ヽ:;;;;;::ノ心寸_'/,;;::::,:゙.::}:::.:.::::::}ハr…\}ノ心ノ_ノミh、 _ノ、、、.,,,,,,

            戦況をひっくり返せるほどではない。
でも2週間も包囲すれば、かなり効いてくる。




8156 名前:こたつ ◆NcOSWbv4bM [] 投稿日:2018/01/28(日) 16:29:37.94 ID:7dqxRyZ/
            ィ升㍉、
.           ィ升丗丗||心ュ。
≧s。_        `冊冊冊串叮
>x'//フ7ァ‐- ...,,_ 丗丗丗爻ミxミミxュ、 ィzzzzzzzzzzzzュ、                     __  .ィzzzzzzzzzzzュ、
<>x'//////////フ7ァ‐ュ圦爻爻爻爻ミ¨||¨||¨||¨||¨||:|ヨム     lニl  x爻x、xミュ、   lニlイ臣iiム 升|¨||¨||¨||¨||¨||
|l|l|l<>x'//////////////へミ爻爻::i==i===l===l===|ュ|___ x[ニ| |zzzzzzzzzzzzz| |ニ]ヨヨ 。si||==l===l===l===!x、 x x爻
 ̄| ̄ ̄|`¨二ニ=- ュ。_//////へ㍍x|┳━┳━┳━|旦ii7爻ミ| | | | | | | | | | | | | | |zzzzハ旦||━┳━┳━┳|爻爻爻爻
vv|vvvv|ivvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv||vvv||vvv||vvi||m||iii〒¨| |_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_| |¨〒iii||m||ivv||vvv||vvv||vvvvvvvvv
l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:||||||||||| |___| |_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_| |__ | |||||||||||:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|
l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:||||||||||| | __| | | | | | | | | | | | | | |__ | |||||||||||:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|
l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:||||||||||| | __| | | | | | | | | | | | | | |__ | |||||||||||:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|
l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|jI斗t≦¨¨¨¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨¨¨¨≧TfisIj|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|
 T  |  ̄l,_,,/\ ,,/l ̄ |  ̄:l^i、 /ヽ_l_jI斗t≦                      マム/ヽ二,l ̄ |  T  |  ̄l,
 ,.-r_'"l\,,j  /_|/_L,,,/ ゙i,,,_l_ヽ|_。s≦´                                マム /_,j ,,/l`r-./r '"l\,,j/
 ̄  -   ̄   二 -  ̄  。s≦´                                    マム心-‐  ̄ 二  ̄ 二 ̄
三-   ̄  -  -  冂。s≦´                                        冂≧s。-  -‐-   ─ -
-   ̄   - -zzz冂≦´                                              / ̄l\- - ─    ̄
 ̄ - /l ̄\/ヽ ̄\                                                  冂/¨ヽュ二 - ‐-
二ニ=-‐' ̄  ̄ -‐  ̄                                                    ̄ /\/ ̄lヽ- -
                                                                ̄ ¨`≧s。


                -‐====‐-
               ´: : /: : : ヽ: : `ヽ: : : `ヽ、
            /: : : : : : : : : : : : : : : 、: : : : :ヽ :.
         /: : : : /: : : : :/小i:.:: : : : : : : : : :.:i: :..
.         ′: : : : : : : : ;': :': {:i:i: : : : 、ヽ:.:: : :|: : i
         : : : : :i: : |: : : :/ トN: : : : :}ニ>、: ::|: : |
         i: : : : ::|: : |: : :厶フ  \: :/   V |: : |
         |: : : : ::!: i:|i: : |     ∨ ;x=ミ Ⅵ: : !
         |/: : : ::l:i:l:|l: : l xf'刀     ト゚リ }i !: ::|
         {/ l : : 川八,.イハマJj    ` ’ 从i: ;イ 
         j ,小: :{:八 : : |i `´    '   }: :{: ::|         ……のろしが上がっています。
          ノノ {: :}: i: : Ⅵ:.|{      __,  , ': ::ハ:::|
       //  !: ': :!: : : ハ从、      /} : / }ノ
        〈〈  |/: :八: : :ハハ   `7ー'´/|: :{ /    近隣に詳しい長谷川さんと農民兵に斥候に出てもらいましょう。
       Vハ l: :/: : }: : : ハハ`ー<}ト、 !: :V
.         Vハ.|: : : : :ヽ: : : : ヽ::ヽ.  仆№{: : {
           ヽ.|: : : : : : :\ : : : \:\|{Ji从: : }
.            l: : : : : : : : :厂 ̄´´\:\l」i」ハ: !
          j: : : :/: : : /      ヾ 二ミ、V
         ノ: : :/: : : / x子ー===ミ、  }ハ
          ,': : :.;': : : / ノ7        V ノ' }
        ′: :.; : : ∧ ミヨ       \ }
          {: : : :i::/  ヽ、」        \  /

8157 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2018/01/28(日) 16:37:11.43 ID:yZgf9bZm
あーそうか。時間掛けたら敵側の援軍が来るのも十分あり得るか

8158 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2018/01/28(日) 16:40:53.06 ID:gEQotLCR
近隣から援軍が来るなら、援軍を襲撃させて削り、
敵軍が挟撃して砦から出てきた所を確固撃破するのがいいんじゃないかな

8159 名前:こたつ ◆NcOSWbv4bM [] 投稿日:2018/01/28(日) 16:43:31.80 ID:7dqxRyZ/
>>8158
近くの拠点を攻めるのもありか

強力な別動隊で

8160 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2018/01/28(日) 16:44:35.31 ID:12Q8jYXu
援軍の数次第で、援軍そのものの殲滅も選択肢になるな
援軍が余りにも多いなら逆に総撤退しないといかんけど

8162 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2018/01/28(日) 16:48:58.35 ID:wdlHdLcJ
短期決着が主眼なら趨勢が傾いたところでゴブへの退去と明け渡しの勧告もありかもしれない

8163 名前:こたつ ◆NcOSWbv4bM [] 投稿日:2018/01/28(日) 16:49:18.40 ID:7dqxRyZ/
                 r‐ 、_                 __
.          _  -―しイ `ヽ      __ _(/⌒
        弋二ニ   ヽ  ノi:    /.: :/ : : \ ̄: : : . . _
             `>  ___ ' /| / :′: :/i: : : : : :ヽ: : : : : : ` .
                i:弋ー‐' /|/.:∧i: : :〃|: : : :i : : : : : : : : :ヽ: .ヽ
                |::::::`ー '::/ ∧/|: : 厶イ、: : :|: : : : :i: :i: : : :i : :ハ
.               、:::::::::::::/ /: ハ|: /斗=ミ\|: : : : :l : | i: : :|: : \__,,ノ
_______∧,、_lヽ:::_ノi:ハィ斥|/ ん} } }: : : :/|: :| |: : :|: : : i_ ______
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'`'`` ̄j::::i::::::::|:i :} り ′ ー'   /:|: : :/: |: :ト、: : :} i: : | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     逆包囲を掛けられる可能性もあるわけだ。
.               {::::::\_从リ '    '''  /: :|: :/: : | :リ }: : : ノ: \
               \:::::::::i: {      u i: : :|:/: : : |/イ: :/: : : : .ヽ        ハラボフに援軍を頼むか。包囲軍が攻撃を受ける可能性を高く見て、
                `ヽ::| ∧  i⌒ヽ  |: : /: : : :/: : /-=ミ: : : : :}             防御用の陣地を構築するか。
                    |:i ハ   ̄  {人.:′.: :厶イ::::::::::::::. ` くノ
                     jハ: : :ゝ ___ /: : :/ .::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ        或いは、砦の戦力を封じたまま、機動戦で近隣のゴブ拠点を攻略するか。
                       \i:ト、 | : : :イ : : ′:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                       ヽ \{ヽ:jヘ:」 .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                           |::〈 /Y| ::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                          |:::::{ ノ」 ::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`



8164 名前:こたつ ◆NcOSWbv4bM [] 投稿日:2018/01/28(日) 16:51:06.03 ID:7dqxRyZ/



ゴブ砦

 ↑ 包囲中

包囲軍 唯ちゃん大将

 ↑ 逆包囲の可能性

近隣のゴブ拠点or援軍



8167 名前:こたつ ◆NcOSWbv4bM [] 投稿日:2018/01/28(日) 16:54:09.92 ID:7dqxRyZ/
防御用陣地を組めば、攻められてもかなり戦える。 1500 労働 マンパワー

全軍で 300マンパワー

砦攻め 200マンパワーでゴブリン軍は少しずつ疲労し、また防壁も損傷している。

機動戦 強力な部隊で近隣のゴブ拠点及びゴブの援軍を撃破する。

斥候   武装農民の一部を斥候に出している。 地元補正。


8168 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2018/01/28(日) 16:55:41.28 ID:12Q8jYXu
機動戦に魅力を感じるけど、強力な部隊を抽出すると何名くらいになるんだろう?
唯ちゃん隊30名だとさすがに少ないだろうし

8169 名前:こたつ ◆NcOSWbv4bM [] 投稿日:2018/01/28(日) 16:59:14.68 ID:7dqxRyZ/
唯ちゃん・ムギちゃん

唯ちゃん

ムギちゃん

アイナ

傭兵 損耗しても、ハラボフの影響力は低下しない。

泰三 戦闘力やや低いが、地元を熟知。斥候。交渉など



8170 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2018/01/28(日) 17:03:39.72 ID:gEQotLCR
泰三に周辺の斥候させるのと、傭兵の内めぼしいのに交渉して
割り増し報酬出すって口説いて唯ちゃんの味方につけないと。

8171 名前:こたつ ◆NcOSWbv4bM [] 投稿日:2018/01/28(日) 17:06:09.32 ID:7dqxRyZ/
機動戦だと2ないし3つの部隊を組ませて、別動隊を作ることになる。

アイナ
泰三

ムギ
傭兵

傭兵とアイナは大規模部隊。
他は、小規模部隊。

別動隊を任せてもよし、自分が別動隊を率いてもよし。




8172 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2018/01/28(日) 17:06:34.12 ID:12Q8jYXu
唯ちゃん隊とムギちゃん隊と傭兵の1/3と泰三隊の半ば(約80)で機動戦
泰三隊は分けて半ば残し、アイナに斥候や伝令として活用してもらう
アイナ隊と傭兵達の2/3と武装農民の半ば(約120)で砦を封じ込め。泰三を残し、アイナがどんな指揮をするか観察してもらう

とりあえず機動戦で考えてみた

8175 名前:こたつ ◆NcOSWbv4bM [] 投稿日:2018/01/28(日) 17:12:04.87 ID:7dqxRyZ/
>>8172

              ____
          ,  ' ´/      ` ヽ
        /,∠ / | .ト、  ',    ヽ
       / / フ'´⌒| .|`マ .',  ',  ヽ
        /  {__/   | .| ∨ ', ', }.   ',
      j  .∧{γぅ  \|γぅ  } }/ l   }
      { /  l弋_ノ    弋_ノ∨ / .| .| j    機動戦で近隣のゴブ軍を撃破するよ。
      ∨  j xxx    xxx/W  j) レ'
       {  (    ヘ    { ./  /|  !
       {   ヽ       |/  / ,'  |
       ∨  ∨> r―┐´{  / /\ |
          ∨\ ∨ /ゝ/lヽ{_/l/l/
           /|/}{\/ |\
         /{ //x仆、 〉 |   ヽ
        /   ヽi//ハ」/iー┘   }

万が一、砦を落とせないでも、打撃を与えることで次回以降に繋げることができる。

泰三が同行します。

毎回兵力+20 地元の武装農民が参戦。



8176 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2018/01/28(日) 17:14:47.78 ID:wdlHdLcJ
魔人は力を取り戻すまで雌伏しているのが常じゃないの。この場でいきなり矛を向けられる心配は不要なのでは?

8177 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2018/01/28(日) 17:16:04.97 ID:yZgf9bZm
アイナはどう動くかね。仮に魔人でもさすがに分かりやすく尻尾見せるようなことはないと思うが

8178 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2018/01/28(日) 17:17:55.99 ID:gEQotLCR
それは唯ちゃんに確実に確実に勝てる状況を作らない場合に限る
魔人にとっての脅威が唯ちゃん達なわけだから、確殺できる状況なら殺しにくるのを躊躇うわけない。

8179 名前:こたつ ◆NcOSWbv4bM [] 投稿日:2018/01/28(日) 17:20:51.73 ID:7dqxRyZ/
>>8178

現時点で、魔人が 魔人に対抗する人間の存在を察知しているか。
また唯ちゃんが魔人に対抗しようとしているか。の白黒は不明。

サハリン邸を怪しげな連中がうろちょろしている。 小鳥の報告
町に魔狩人が潜入 アミナ談

なので、サハリン兄妹のいずれか、或いは両方が魔人陣営だった場合、
すでに魔狩人の存在は察知している可能性があるが、

唯ちゃんは表立って対抗する姿勢を見せていないので、恐らくただの単純な強者と見なしている可能性が高い。


8182 名前:こたつ ◆NcOSWbv4bM [] 投稿日:2018/01/28(日) 17:26:39.52 ID:7dqxRyZ/
そもそも現時点で、魔人から見て、唯ちゃんは【潜伏】している。

魔人を倒せる可能性がある強者ではあるが、同時に魔人の存在を察知していない。
早めに倒そうとする可能性は勿論、ある。

同時に自分が全力を出せる時期が来るまで、放置しておく可能性もそれなりに高い。



8183 名前:こたつ ◆NcOSWbv4bM [] 投稿日:2018/01/28(日) 17:29:06.27 ID:7dqxRyZ/
過信は禁物やけど、把握されないように動いている。

アミルさんが聖騎士名乗らないのも、多分同じ理由。

過信は禁物やけどね


魔族からすると、聖騎士と傭兵。
同じ腕利きでも、近くにいた時に警戒する度合いが異なる。


8185 名前:こたつ ◆NcOSWbv4bM [] 投稿日:2018/01/28(日) 17:33:14.09 ID:7dqxRyZ/

      ;;⌒  、
   (;;; ,,;;    ヽ、 _,,,...:-‐‐=-..,,,_
       (_,,,  ;;ノ,r'":: ::      ::\,,.....,            ;;⌒  、
          ,,r'":: :: :...     ::: . ::; :::.`'::.、      (;;; ,,;;    ヽ、
        ,:r'::: :: .::: ::      ::    :; ::: .:: `':.、      (_,,,  ;;ノ
      ,r'":::.. ..:: ..:::. ....      :  ::  :; :: ::. ::`'::、_
    ,r'"::::  ...::: :...::: :: ;,,, - '''' ''':‐-,, ,,      ::. ::`'::、_          __,, - ''""
  ,r'"...::::.. ......:::::               " ''''‐- ,..,,,...  __,, -‐- ,... .-‐‐''''"
,r'":::,,,,,, :::::......:::::: ...               _,, - ''" ""'''"" `'' -,..
  :::.....                     -‐"             "'' -‐‐‐-,..,,.
     ::::,,,::;;;;:::::::: :::::;;;;;::::::: ;;:::::;::;;;;::::,:::::;;;;;::;;; :::,,::::::: ::::; ;;;;:::::::;;; :::,,:::::::::::::;;,,,
  ...:::::;;:::::::::::;;;;,::::::::::::::::::::://::::,,;;;;:::::::::::;;;;:::::::: :::::;;;;;::::::: ;;:::::;::;;;;:::;;::;::::://:::::::.::::;;:.......
 ::::;;; :::,,::::::: ::::; ;;;;:: :::::::::: //...::::.::::;;;;:;;;;;,:;;;;;::;;;;;;;;;;:::::::::: :::::::: ;;;;;;;;;;;; :::://:;::::::::::;;;::::::;;::::::::...,,,
WWWwwwjij,,.、,、,,,vWWwjjwvjiiijwwiijijyyywWwWWjjwv,,.、,、,,,jiiijwwiijijyyviiijwiijijywWw
',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',


WWWwwwjij,,.、,、,,,vWWwjjwvjiiijwwiijijyyywWwWWjjwv,,.、,、,,,jiiijwwiijijyyviiijwiijijywWwji
::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|:::::::::::::_:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::: |::::::::::::
″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″
v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v
              ____
          ,  ' ´/      ` ヽ
        /,∠ / | .ト、  ',    ヽ
       / / フ'´⌒| .|`マ .',  ',  ヽ
        /  {__/   | .| ∨ ', ', }.   ',
      j  .∧{γぅ  \|γぅ  } }/ l   }
      { /  l弋_ノ    弋_ノ∨ / .| .| j    今回はあきらめる。見極めするのは難しいよ。
      ∨  j xxx    xxx/W  j) レ'
       {  (    ヘ    { ./  /|  !
       {   ヽ       |/  / ,'  |      手持ちの兵力が向こうの方が大きかった。
       ∨  ∨> r―┐´{  / /\ |      もし聖なる矢を使って当たりだった場合、
          ∨\ ∨ /ゝ/lヽ{_/l/l/     ノリスとメルシア、そして魔人アイナを相手にすることになる。
           /|/}{\/ |\
         /{ //x仆、 〉 |   ヽ          傭兵隊は、どう転ぶか分からないしね。
        /   ヽi//ハ」/iー┘   }


                     , <`ヽ.,_
                    ∠-┬「/==心、
                  ∠心1イV{==ミ }i
                    ノノノ {(` 恣ミ r八
                   ´´{ ∨゚。 __ ノ ゚。
                          `ー{{{リ}ー rf--‐''゛
                   γ7ア8cc㏄゚∥フ7ヽ
                    ∥/8℃υ彳{{ {  } }゚,_      残念ですが、仕方ありません。
               /(     ,ィ{Y( 8ニフ。゚ノ }从,:゙ /`}匚匸てこぅo。
.              {::::}/ih、,.::::::/}弌ミ ∞ 彡く 八/  {i       そっ
               Y/{{ii }}::;ィi{V___ヽ } Г.,,_ `‐∧':, 心、      ()(()
.              ノ{/{从}}::从リムへー┴∟{{_`〔  ゚:, ` ゚。\ぅo。.,_
           ノ::{「::/刈`苅川}}h、}、Т 「Г¬i、 {   ゚。 丶、 ミh、
.           弌::::{レ,:゙.:;zァ7}リ::リ}}必 \ └ ┴}、゚。   ',  \} }j h
            }:::}}《:;:゙^",:゙イ:::;:゙,リ}}{iiト 、\ 寸ヽ心 ',  、_  丶リ} }}
           }:/.:}}{::::://ノ,;//,゙}从i{:::. ゚。 ヤ }i i /}`':,  _,,ノ   刈リ
           ノ⌒ヽ{:://,;;;;///.:{{:Vi{::: :::::,}jh}} | }\`「  \
          7:: .::.ヽj{ {;;;;;:゙//,:::::∨人 ::::::}jリ \| } } 心ヽト、ー .,,_
           ヽ:;;;;;::ノ心寸_'/,;;::::,:゙.::}:::.:.::::::}ハr…\}ノ心ノ_ノミh、 _ノ、、、.,,,,,,_
              乂:;;:∠ノ心寸;;;:::;゙.:ノ.:: .:::;;:∥}}<´,. ` 、_,.、rセ〔ノ )ニニニニ>― ┘
.            {‐{ Т゚。:;:;:;}h、`マ:::ニ‐"´ /,゙_,i}''゛ _,.、、、、`ー=ニ´> ノ
           八 {―{、 \{ {> .,_ー=ニノイi{{ヤf〔 {   \)ヽ、丶`
               ``T}i}h、  ̄  ,. ≧=彳{ { ヤ }ヽ=ミ、、.,,,,,,.ィ(i心
              ∥} {リミ=‐=〔 { { { { i{ {:,_〉^;;}i':,´   ', }ハ ', '沁
             i{ { / / ,゙ {∧ ヤ{ }ヽ}从{::;::ノノ} j} ,. } {i}} i }i /,
                  `Y'/イ」」:::::V/,;;;:::;:ィ(::,,{イ:;;;}〃⌒ヽヽ∨ !j}}i }}
                    }i,::;:;:;:;;;「`芍ニア´.;:;::;心;;П{{==zノ {i  i{,{{iⅱ
              ∥゚。..::::;;{  ,ノ.::::::;ィi{'//}} ´{ー¬┤j}{ {i {,',i{ⅱ
                 ^^^゚。:::::{  「 .:::{´{///∥ ヤ;;;:;:;:::} {{{ {{i/∧{{i,
                 ゚;::::',  Y^:;r′寸 从  ヤ;:;::::゙八{i}从/∧/:,
                  }:;;:::.、 }::::{   V//}  };:;::::{  寸{{'//∧心、
                  ', :::{ ;.:::乂   や { {;:;:;:ノ   寸寸/∧`ヾ、
                     Y::::} {:.::::::リ_,,, ヤi{ j};:;:′    ヽ 寸厶
                      }::::{ ヽ:;;;ア.;;}  };;ミ7:;:;′      \`マh、
                      } :::',  乂泌′ {;;;;/.;:;:;         ` `㍉、
                       { .::::':,  `゛   7.;:;:;:;             ``
                  _У.;;;;;}       〉::γ
           ‥…―---∠ニミГ.,,,,,_____∠ミh、{__
                                 ̄¨¨


8186 名前:こたつ ◆NcOSWbv4bM [] 投稿日:2018/01/28(日) 17:35:20.19 ID:7dqxRyZ/
               -―-
            <         `> 、
        ./               \
        /       /        ',   ヽ
       ,    |    /   ∧    |    ',
        i   |   ,'   /  ',    |、   |
        |    |   !  /-=ヘ   ト、! | |
       ',     |!  .| /¨ ̄´ ', ト、|-| ./ |
         |  , - i|   !/___   ∨ __ |/ /   では、ゴブリンとの戦闘に傾注するということですね。
       ,/| .{ ヽ|  /〈て.ノ`   イ_ノ / /
      ./ |  \ |  |         / i
     / ./     `|  |        `  ′ |
      { / /   /,|  ト、    ‐‐  ,イ| ′
     ∨ /__/::〈 |  | >,、__ <|  |/
     /≦:::::::::::::::゙|  ト、 / }::ヽ-|   ト、

             _  -‐ ‐- 、
        , ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     /:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.::.:..',
     /:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.:.:.|:.:.::.',:.:.:.:.:.::.ハ
    /:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:..:/|:.:.:.::.:.:.:.!:.:.:.:.',:.:.:.:.:. :.:.}
    /:.:.:.:.:.:.:.|:\./ ',:. :.:.:.:.:Ⅳ:.:.:.:.',:.:.:.:.:.: .',
   /:.:.: |:.:. :.|ヽ/   ',:.:.:.:.:.:| ∨:.:.::.',:.:.:.:.:.:. ',
   .:. :.:. :|:.:. :.|:./ 丶.__\:.:.〈\\:.::.}:.:.:.:.:.:.:.ミ=-
  /:.:./:.:.:{!::.:.:.|/i      \{\\\i:.:.:.:.:.:.::..',
  |:.:.,':.:.:.,':.:.:.: .:..|≠==      ノ  `ヽ,.:::.:.:.:.:.:.:}
  | /:.:.:./:. ::.:.:.:.:|          {     /`ヽ: :.|
  Ⅵ:.:./}:.:.:.:.:.:.::.! ゙゙゙゙       `ヾ_ /    }:ノ
.   ∨ ヾ:.:.:.:.:.:个    ( >   ノ〈     ノ}
      \/{:.:.:i==>  _  <;;;;;;;∨_ ィ'´::::|
       ,ィ\|::¨', ` x._,/`i::ヾ::/´::::::::::::::|          ……第三勢力を使う手もあるけど
   /¨´ ̄:::::::::::::i::::∧ /YY} :|:::::}:}::::::::::::: ::::|
.  {::::::::::::::::::::::: :|:::::∧/介} }\i:: :i |:::::::::::::: :::|
.  |::::::::::::::::::.:|::::|:::::::://| |:| |}}::::::〉|::::::::::::::: ::}
.  {::::::::::::::ヽ::}::└┐{ { | |:| |}}:::〈::::}',:::::::::::::::,'ヽ
   |::::::::: :::::ヽ|::: :::〈::::ヾ| |:| |丿:::::〉/:::::::::::::::/::::::}
   i:::::::::::::::: :::',:::::::::\::∪∪:: ://::::::ヽ、::ノ::: :/
   ∨::: :::::::::::::ヘ::::::::::::\::::',/:::::{:::::::::::::::¨::::::/
   ∨::::::::::::::::::ヘ::::::::::::::`ヽ}::::::::::∨:::::::::::::::::/
    ',::::::::::::::::::::::〉‐-x.::::::0}::::::::::::::_,,.....,,ィ-‐x.
     ',:::::::::::::::::ノ:::::::::::::`::ー::'´ ̄ ̄`ヽ:::ヽ  }

例の魔狩人を誘導して、サハリン兄妹に充ててみる。
例の魔狩人たちは、さっさと摘発する。

その他。



8187 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2018/01/28(日) 17:37:01.77 ID:gEQotLCR
例の魔狩人たちは、さっさと摘発する
見極めが終わってない以上は当てるより摘発じゃね。

8188 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2018/01/28(日) 17:38:52.49 ID:wdlHdLcJ
紬や小鳥みたく魔人候補であると同時にそれに対抗する仲間候補でもあるならじっくりいくべ
原則論でいうならハラボフの法に従って取り締まるのが妥当じゃないか

8189 名前:こたつ ◆NcOSWbv4bM [] 投稿日:2018/01/28(日) 17:39:57.63 ID:7dqxRyZ/
例の魔狩人たちは、どういう傾向か

                      ┌――‐く⌒Y^Y⌒X
                      厶ニヽ._j_j_j `ヽ \
                / >''"⌒>-‐―亠‐亠<:.
                / __/    /-。-。-。-。-。-。-。-ミx
                  / /7l   /≫≪≫≪≫≪≫≪ハ`ヽ
             Xxく/ l  /≫≪≫≪≫≪≫≪≫|  〉
             ,{0}}リ l   仁二二ニニニ二二三≧| ハ
               /:/7  l  /´ ____,    、___   `l //,
             《/7   |l /{x仁二ミx     x=ニ≧x|'/ i
            ^7   |Y^lY(´ん心ヾ     ´ん心 )Yリ′ |
              /   |l{r(| ,, ┴゚゙‐'   {   └゚゙┴,,/) / |
               ん(_   从八             /ィ /   |
           {   ヽ`ヽ,ハ:::i:.、     ′    /:iル'  ,ノ
            乂___ .《ⅥⅣ》ト、    - ‐   ィ《Ⅵ》 イノ      以前、吸血鬼を倒すために、町を焼き払いました。
           .ィi〔】:::::::゚《》。Ⅵ Ⅳ:i:i:i:iト .    イi:i:iⅥ/i イ
         んi i〔】:::::::::゚《》。[lVl]:i:i:i:i:i:i:i:i:`:爪i:i:i:i:i:i:[lVl]l]::::`iト。、
        i【〕i i〔】:::::::::::゚《》。[ll]人人人人{{}}人人人[ll]::::::::《》゚::l\
        |【〕i i〔】x:::::::::::゚《}}::[l:小小小小小小小小:l]:::::::《》゚::::l【〕i
        |\i i〔】【〕ix:::::::゚《!:}韮{::::::《小小小》::::::}韮{::::::《》゚::::::l【〕|
        |  i\】【〕i i〔】x::}::}韮{《小》::::::::::::《小》}韮{:::《》゚::::::::;'【〕|
        l  乂_\〕i i〔】【〕::}韮{《小》::::::::::::《小》}韮{:《》゚::::/】【〕|
        l    乂_\i〔】【〕i:}韮{《小》::::::::::::《小》}韮{:》゚:/xi〔】.イ
        l      乂_\i【〕i:}韮{《小》::::::::::::《小》}韮{:{/xi〔】/ /
        ∧ x(_x(_x(乂_\:i:}韮{《小》::::::::::::《小》}韮iル'彡゚〃 /
.      /【∧{  ) )  乂_}i:}韮{《小》::::::::::::《小》}iリ/´ x(_x(/
      /】【〕∧x(_x(_x(_(   〕八人:《{X}{X}{X}{X}》:/   ) )/|
.      /〔】【〕i ∧ ) ) ) 〔Ⅵ/:/:/:/:/:/:/://:Ⅳ  ,x(_x(,/{:|
     / i〔】【〕i 〔∧(_x(_x(_x(_xⅥ:/:/:/:/:/:/:/:/:Ⅳ /  )/: {:|



              ____
          ,  ' ´/      ` ヽ
        /,∠ / | .ト、  ',    ヽ
       / / フ'´⌒| .|`マ .',  ',  ヽ
        /  {__/   | .| ∨ ', ', }.   ',
      j  .∧{γぅ  \|γぅ  } }/ l   }
      { /  l弋_ノ    弋_ノ∨ / .| .| j
      ∨  j xxx    xxx/W  j) レ'      死刑で。
       {  (    ヘ    { ./  /|  !
       {   ヽ       |/  / ,'  |
       ∨  ∨> r―┐´{  / /\ |
          ∨\ ∨ /ゝ/lヽ{_/l/l/
           /|/}{\/ |\
         /{ //x仆、 〉 |   ヽ
        /   ヽi//ハ」/iー┘   }

8191 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2018/01/28(日) 17:41:27.58 ID:yZgf9bZm
あかん(あかん)

8192 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2018/01/28(日) 17:41:50.05 ID:F6pANA3+
許容できる被害を超えとるw

8193 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2018/01/28(日) 17:42:36.90 ID:HZAbPaiw
状況によるな
生きてる人間がほぼ居ない死徒だらけの状態ならやむなし

8194 名前:こたつ ◆NcOSWbv4bM [] 投稿日:2018/01/28(日) 17:46:01.05 ID:7dqxRyZ/

                              П
                       , ‐-'⌒ヽ    }=
                    γ∠  ≫xLミhx、_}‐_
                    ,゙ ァ⌒二ニ==‐¬⌒',_
                   /レィ゜∥{=====}i ハ‐_
                  <∠/∥, j{ j{≪≫≪≫≪}} i―_      恐らく、何処からか、魔人の復活をかぎつけたのでしょう。
                    , ゙,゜ ', l√ 云_===云 }} { ―_
                   , ゜∥  リ〈≪筬ミ  ィ薇∥ ハ ―_
                      {、∥  {心:,   _,   ∥/ ノ ―
                 乂{{   ノ /c}h、 - ‐,ィi{^》 ,:゙   ―
                    `ー-=爪圦リ` r 〔ハ圦}{_,,,,_ ―   気は進みませんが、比較的にマシな魔狩人たちを風評で呼び寄せ、
                      ,、-‐ァァ〈〉ミ=ー彡〈〉¨ヤヘ }-   サハリン兄妹たちを調査させる手もありますが……
                    ,ィ({{ ∥¨7С  `}{ ̄8。 ヤ=} i}-`、
                      ∥∧ {{ニ{ 8o  }{ £8 匕や- }h、  
                      {{ i{=∨={ §Сぃいう§ Гヤー / `、
                     ∥ やi{ニニ{ {゚。____}{_____8i }}こ}ー{i√``  、 
                    {{ ゚。 寸ニ‐{ 八《竺竺竺》リ ∥‐√{i{````` `、
                      j{  `、 寸込、λOOOOλノ^ヽ{ー{{{h、 .,,_   ':,
                 √¨¨´ :, Χ  _Uミh 丁 r 个o。{ヤニ{心》ー=彡 ゙,
                /__ ハ{ 〉彳i{ニ} {  {ニ} }リヤ‐ヤア´ ̄`` j
                  {丶` ,. `ヽ.,乂廴,.斗r====〔 }{ヤ∠`ヽ   、`
                ':, '゛     ,.>ーァ‐ァ‐ '⌒ヽミ「У`V, ‘,,ィi^:,
                     気が進まない様子

                 -‐   ̄ ̄  ‐-
                ´  /    i    、 `  、
            / ./  /|     |     ヽ   \
              /  /  / .|     |r'、     '    ヽ
           /  /  /、 l|   |‐-\     ', 、    '
              '   i   '/ | !    |   ヽ.    !  ヽ   '
          |  |  '   !' ヽ . |     \ .|  |   i
          |  | '       \| テチミx   | V    |   |
          |  ||xテチミx      レ:: ::} } !  ヽ |   |
          |  ヽ! { {:: ::|     弋_::ノ  |   | ,'/   |
          |   ',  ゝ'´i         |   | /i、
          |    ,                V   ´ | }   |    ・…・サハリン兄妹が無実だった場合、
          | i   |    r‐ 、         |     |´  |   後味の悪い結末に終わる可能性もありますね。
          |/    :.     |  }       |     |    !
          '   / \  ` ‐´      |    !.   |
         ,'    '    ` ,      -‐ ´.|     |    !
             {       >‐  ´    /|     |.  |
           |    ',    __/ヽ|      ∧',    '  |
         ',    、 _ /:::{   \    {/ヽ\   ヽ  !
        /',    \|::::::::',     ̄ V´  |ヽ \  ヽ|
       /:::::::::::.....    \:::::::.    /r ´ }- 、 |:::ヽ ヽ   \
       /::::::::::::::::::::::::..   ' :::::ヽ  / / ru r、 ヽ::::::', ̄ ヽ    ,_
      , :::::::::::::::::::::::::::::::..    ヽ:::V /| | | |ヽ ヽ }::::::. :::::::|   ',ヽ
       |::::::::::::::::::::::::::::::::::::',    ',{ / | | | |ヽ U|:::::::i::::::|    |::.}


8195 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2018/01/28(日) 17:48:13.42 ID:gEQotLCR
推定では殺すべきじゃないだあろう
他にも有力な容疑者が複数いる段階で取れる手じゃない

8196 名前:こたつ ◆NcOSWbv4bM [] 投稿日:2018/01/28(日) 17:48:38.15 ID:7dqxRyZ/
ちょっと休憩ー


数百人の住人が家族や家財産を喪失。


8197 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2018/01/28(日) 17:48:38.81 ID:12Q8jYXu
アミルに質問
聖なる矢を使わずに容疑者を殺した場合、魔人だったかどうかって判別できるの?
例えば魔人復活を示唆した不吉な星の予兆が消えるとか

8198 名前:こたつ ◆NcOSWbv4bM [] 投稿日:2018/01/28(日) 17:50:35.33 ID:7dqxRyZ/
>>8197

魔人ごとの特性と、魔人化の進行段階による

例えば、魔人がほとんど封印状態の場合、ただの人間で、
殺した聖職者くらいしか読み取ってない。
その場合、狩人側が人殺しとして裁かれることもある。

魔人が殆ど封印を解いた状態の場合、人間の皮を被ったようなもの
倒すとぐずぐずに腐敗したり、消えたり、怪物になったりする。


8200 名前:名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください[sage] 投稿日:2018/01/28(日) 17:52:47.93 ID:12Q8jYXu
了解
となると、難しいな
最悪だと魔狩人か誰かがとっくに魔人も倒してるのに、死体に痕跡がないから容疑者を全部殺すまで魔狩人が止まらないケースもあり得るか

関連記事
スポンサーサイト
[PR]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する